甘い生活

ビューティフル・ヒューマン・ライフ

反省・備忘録とか

勤めていた編集プロダクションは、3か月の試用期間で辞めることになった。
平たく言えばクビだ。

理由は「周囲の人間に対して気遣いができないこと」「会社に合わないこと」。
デカいミス、というよりも細かいことの積み重ねだ。

社長には「三日目でやばいなと思ってた」と告げられた。
だって社長の名前間違えたしな、そらやばいわ。

飲み会の時に羽目を外し過ぎたのも一つの要因だと思う。
外部のライターさんやらカメラマンさんがいたのに、学生の時みたいなノリで話してしまった。笑ってくれてたし、社長もその場では笑ってたけど、
「なんかやらかしそう」という印象がそこで決定的になったことは間違いない。

俺は全てにおいて線引きがヘタクソな人間だ。ここまではやってよくてここからがだめ、というのを掴めない。
それは芸能人とかセンシティブな人たちと付き合っていく中で致命的な欠陥だ。
一般的に「地雷」と呼ばれる類の人間。

そういった人間的な部分まで教育することはできないと。

正直な話、長く続けていければその辺の距離感も上手く掴めていけるんじゃないかと考えていた。
飲食店の取材から始めて、実際に芸能人の取材に帯同して、ゆっくりステップアップしていければいいやと。

甘かった。アメリカのカラフルな何入ってんだかわけわかんねえクソまずそうなケーキより激甘だった。
それ完全に雇用側の考え方やん。じっくり長く育てて欲しいって、完全にゆとり世代ど真ん中ズバーッやん。

今回のクビは流石に堪えた。このまま脈々と続いていくと思っていた道や自分の理想・夢が一瞬で閉ざされてしまったから。
前の会社と違って社内の人も好きだったし、尊敬できた。

社長に「君の人間そのものは面白いと思うし、それを全部変えろって言ってるわけじゃない。でも、周りと上手くやっていける最低限の社会性は身に付けた方がいい」
と言われた。
社長自身がどうしてるのかも聞くことができた。自分には人と違う逸脱してる部分がたくさんあるけど、例えば初めにそれを言って、「ああそういうキャラ付けなのね。本当にやばい奴ではないんだ」と思わせたり、あえて奥さんのことを自分から話して結婚してることを伝えることで「まともな人なんだ」という印象を与えるとか。
人と違う、逸脱した部分を意識的にコントロールすることで逆にそれを個性として利用してると。

俺の場合、その逸脱性を無自覚にぶん回してるのがやばいという話だ。
極端な話を言えば取材中のアイドルに「彼氏マジでいないんすか?」「あの文春の不倫の話本当っすか?」とか口を滑らせるような人間だって思われたんだろう。

長年続けてきた囲碁を持ち出して話をされて本当に腑に落ちた。
「将棋と違って囲碁は感覚の分野が大きいゲーム。もちろん読みも重要だけど、こういう時はこう打つ、という感覚的な部分が大きいと思う。
囲碁の話はあくまで例えだけど、君は行動を反射で行ってしまう癖がついている」と。

「行動する前にに考える癖を付けろ」と。

多分色々な人が同じことを俺に言ってくれた気がするんだけど、社長の言葉が一番わかりやすかった。

まとめると、
「周囲の人間に気配りをする」
「自分の逸脱した部分をコントロールする」
「行動する前に考える」の三点だ

これ、部屋のどこかに貼ってもいいかもしれない。
多分これ、小学生でもできる人間はできると思う。

俺は気を緩めるとすぐに暴発してしまう。
だからどうにかして表と裏の自分を作りたい。良い意味で。
親族の場で風俗の話を一回出しそうになって母親に殴られたぐらい俺はなんでも言っちまう。今の俺に裏が存在しない。
一見表のような裏を作りたい。じゃないと生きていけない。俺がやりたい仕事ができない。

できていなかったことが実際にクビという結果となって現れた訳だ。頭じゃなくて身体に刻まれた気がする。
「物づくりには向いてると思うし、というかそういう仕事しかできないと思うしライターっていう仕事は諦めて欲しくない」とも言われた。

「会社に合わない」っていうのは堅めの案件に向いてないってことだった。
こういうのが向いてるって教えてもらった雑誌が滅茶苦茶ゲスな内容で、半分納得したけどもやもやした。
俺はやっぱりアングラ行くしかねえのかな…って。
でも黒沢清も始めはVシネ撮ってたし周防正行もピンク映画出身だからいけるはず。いけるいけるいける。

で、流れで社長の知り合いの会社を受けることになった。そこに持っていくゲスな企画を今考えている。
色々やばそうだから怖いけどもう考えるより先に行動するしかない。

なんかもう実際のところよくわかんないけど、営業とかそういう普通の仕事で普通の人間と同じ土俵で戦って勝てる気がしないし、
田舎から出てきて東京にいる以上強い刺激が欲しくてきてるわけだから、面白いと思えることがやりたい。

最初はつまらなそうだと思ってたこともやがて面白いと思えるように…という仕事のエピソードは結構聞くけど、
多分これまでと同じ轍を踏むことになると思う。

面白いことと思えることをやりたいです。面白おかしく生きていきたいです。そんで金稼ぎたいです。

ちゃんと仕事できるようになりたいです。一人でちゃんと立って生きていきたいです。
マーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

もうそうではない

流石に今回は詳しいことを書く気になれないが、「シーフードヌードルがもう一生食べられそうにない」と言ったら察していただけるだろうか

やっぱり無理なものは無理だ
妥協とかいうレベルではない
しなくても良い経験は、確実にある
ただそれは、した後だから分かることだ

今日はフェイスブックに残っている、好きだった子の写真を久々に見返そうと思ってる

https://youtu.be/4Cx6ehYz-OM

羅針盤のロビンソン
神カバーとはこういうことだ
これ聴いて、写真見て、休みたい
昔みたいに都合の良い妄想がしたい
可愛い女の子と一緒にどこかへ飛ばされていきたい

「童貞。をプロデュース」について

童貞。をプロデュース」は俺が「東京に出たい」と強く思うようになったきっかけの映画だった。
10年前、高1の時にこの映画のタイトルとあらすじを知って、こんなに面白そうなのに東京まで行かないと観れないのかよ、と田舎に住んでいることを呪った。
その後念願の東京の大学に入って2年目、上映がかかるという話を聞き、映画好きで童貞の先輩たちを誘い渋谷まで観に行った。あんなに映画館で爆笑することはもう無いだろうというくらいみんなで腹を抱えて爆笑した。
当時童貞で彼氏持ちで美人の女の子に片想いしていた俺は加賀さんに死ぬほど共感して笑い、偶像崇拝をしてしまう梅澤さんの人間臭さを自分と重ねて笑った。

そしてさっきニコニコ動画YouTubeに上げられていた、映画「童貞。をプロデュース」の舞台挨拶の一部始終を観た。
加賀さんのブログ、梅澤さんのツイート、松江監督の当時のブログ記事も読んだ。

劇中、確かに嫌がっている様には見えたけど、10年経って舞台上でパンツ脱いで「しゃぶれよ」って本気で怒鳴るまで屈辱を味わっているとは考えてもいなかった。加賀さんが言う「リテラシー」について考えさせられたし、最近よく「なんでそんなに上から目線なの?」と指摘される俺にとって、「相手目線に立って考えること」の重要性を改めて感じさせられた。
加賀さんの言う「面白ければ何でも良いのかよ」という言葉や松江監督が今回指摘されていることは俺にとっても当てはまるし、これから絶対に直していかないといけない部分だ。これを言ったりやってしまったりすると相手にとって傷ついたり不快な思いをさせるという想像力を努力でこれから補っていかなくちゃいけない。

それにしても、自分がどうして怒っているのかを理路整然と伝えつつ激昂する加賀さんは、最高にロックだった。(劇中に出てくる片想いの女の子との恋がその後成就したこと含めて)まさか結末があんなことになるとは思わなかったけれど、そこまでひっくるめて他のどんな映画よりも濃い映画体験だった。

意味のある出会いって何

今日は久々にマイナスモードだ
特に理由の無い気持ちの谷間

東京に戻る前に妹にナンパのことを話したら、「そんなナンパで引っかかるようなしょうもない女と知り合っても意味無いじゃん」と言われた
自分からポジティブな気持ちで動いた場合、意味のある出会いしか生まれないと思ってたから虚を衝かれた思いをした

秋田は浮気率ワースト1位の貞操観念がしっかり持たれている県だし、妹がそういう女に育ったのは兄としては喜ばしい

でも意味のある出会いは「待つ」ことで来るのだろうか
「ナンパより仕事のことを考えろ」と言われたがそれはその通りだ
そうだ仕事を頑張ることで良い出会いが、とか書いたような気がするぞ
でも純粋にナンパ楽しかったりする
五年、いや三年くらい気づくのが遅かった

偉そうに話す妹は医学部の院生と付き合っている

「意味のある出会いってなんだよ、結局一番好きだった子も一流企業のパン職に就いて、前の男を捨てて総合職の男と付き合い始めたんだぜ」
と言ったら「そんなの当たり前じゃん」と切り捨てられた
じゃあ俺も打算的な目線から言わせてもらうけど、女医か看護師と付き合いたいぞ
看護学部に通う妹曰く看護師はダメな男の面倒を見るのが好きらしい
面倒見てもらいたい
でも頑張らなくちゃいけねえ
ダメで終わりたくないよ
とりあえず今は一人なので一人で頑張らなくちゃいけない
明日から仕事だけどしばらく休むと行くのが辛くなる、やることやって仕事に埋没したい

年収1000万とつぶやいて寝るのを忘れていた
年収いっせんまんねんしゅういっせんまんねんしゅういっせんまんねんしゅういっせんまん

夏の幻

木曜日にふたたび地元で行ったナンパについて語ろうと思う。

お盆も過ぎて、繁華街にすら全く人がいなかった。
ナンパの相方の友人がよく通っているバーを拠点にしていたんだけど、そのバーの店長曰く「客が流れてくるタイミング」があるとのことだったのでそのタイミングを計った。
だけどそのタイミングにすら人が来ない。女が居ても男連れ。でも木曜日だから仕方ないでは済まされない。時間が無いのだ。
繁華街をぐるっと回って戻っては一杯飲み、戻っては一杯飲み、というのを続けていると若い二人組みの女性を発見。
高校生だった。酒を飲んできた後らしく、足元が少しフラついていた。「私たち何歳に見えますか!?」「お兄さん25歳なんですか!?大人きた〜!」とテンション高めだったので、迎えがもうすぐ来るとのことだったけど店まで連れて行った。
店の奥にいる相方の顔を見て露骨に「あ〜…笑」みたいなテンションになって笑った。相方は決してイケメンの部類ではない。

で、お酒を飲ませるなんてことはなく健全にノンアルコールカクテルを注文。
おいしいおいしいと騒いでいる姿がとても可愛かった。「きゃーウチら歳上の人にナンパされちゃったー!」とテンションが上がっていた感じもまた可愛らしい。すぐ帰ってしまったけど、お肌ピチピチのキャピキャピで素晴らしかった。めちゃめちゃチューしたかった…。

次に友人が三人組を連れてきた。三人中二人が可愛いというファインプレー。歳は全員一つ下。

友人×◎◯俺

× 可愛くない
◎かなり可愛い
◯可愛い


こういう席順になった。
友人がなぜか「何もそこまでしなくても」と言いたくなるくらいピエロに徹していたのに、×と◎のテンションの上がらなさが露骨だった。

×が大学時代、サークルで穴兄弟を続出させたサゲマンに似てた。この中で自分が一番可愛くないことを自覚してそうだから、肌を褒めた。正直俺も自分が女だったらこのポジションに立ちたくない。

◎は「ぶっちゃけ私モテるよ」というようなことを言ってて好感を持った。だって美人だもん。

俺は隣の◯とずっと話していた。◯は「◎はほんとモテるよね〜」と言ってたけど、いやいやあんたも可愛いぜと。
ここでは意図的に聞き役に徹した。
基本的には同意、あるいはオウム返しをする。そうやってテンポ良く会話を続けていれば自然と向こうからこっちに質問も来るし、その時に自分のことを話せば良い。けっこう良い流れでに会話を進められた気がする。

後半、友人がふてくされて店の外でずっと電話をしていたので、俺と店長と女の子三人で話すみたいな流れになった。
◎が「秋田帰ってきなよ。私たちともいつでも遊べるよ?」と言ってきたので帰ってきても良いかなとちょっと思ってしまった。
色々聞かれてる中で、「彼女一ヶ月しかいたことない」と言った時に皆が「もったいない!」と叫んでくれたのがすごく嬉しかった。
「もっと沢山遊びなよ!」って。

三人とはしばらくの間飲んだけど、結局名前も職業も明かされることなく帰ってしまった。◯の子だけに狙い撃ちしてLINEを聞いてみたけど、「でも、秋田戻って来ないでしょ?」と言われてしまって何も言えなかった。LINE交換して金曜の夜に二人で飲んでラブホ…がサクセスストーリーだったけど人生そんなに甘くはない。

追いすがって「まぼろしかよ〜!」と叫ぶと三人は笑いながら「まぼろしだよ〜!」と言って、タクシーに乗って行ってしまった。

地元でナンパ

帰省中の目標が地元の女の子と一発かます、ということで繁華街でナンパしてきた
最初の二組は覚えてない すみませーんくらいの感じ
三回めの子が今回一番良かった イヤホン付けたけど外して話を聞いてくれた 邦ロック好きで地味に可愛い感じで一番付き合いたいタイプ
「えーじゃああっちで飲もうよー」とか言って肩に手を回してみたけど笑ってたので、ちょっと自信ついた。
結局LINE交換のみで終わる
いい匂いだった
三組目が三人で、この辺で思った
のは、これは真理だと思うんだけど
「その中で一番可愛い子が一番反応が良い」ということだ
ブスは壁だ
一番どうでもいい女が知り合いの男三人を連れてきて、「あいつ誰?」と言ってくるというのは辛い展開だった
でも一番可愛い帰省中の立教大生が一番反応良かった マジ真理感じた
その次に20代後半のお姉さん二人を引っ掛けることに成功して、友達が待ってるバーへ
まあでも性交は難しいようで、LINE交換して終わった
宇都宮に住んでて帰省してきてるもち肌のお姉さんとめっちゃやりたかったあんましもちもちしてるからちょっとほっぺた触らしてもらった
そのあと手の匂い嗅いだらいい匂いだった

で、その後もう1組に話しかけたけど地元ヤンキー感のある二人で、「今話しかけないで」と言われた
強めなギャルだったのでスペック的になかなか厳しい所だったか

明日もナンパする
秋田でのトラウマを全部バネにして、遅すぎた春を、桜を咲かせに行く

「こちらあみ子」今村夏子著 俺にもあみ子が生きていた

あみ子はちょっと頭のネジが緩んでいる女の子で、目の前のことにとにかく真っ直ぐに向き合う。特に大好きなのり君に対しては一生懸命。でも真っ直ぐ過ぎて周囲の人間関係に軋轢を生んだり、自分自身が傷ついていることにすら全く気づかない。大好きなのり君に殴られても、痛いのは身体だけだ。
物語が進んでいって環境がどんどん変化していくのに、あみ子は何も変わらない。

読んでいて昔の自分(5年くらいしか経ってないけど)に重なった。好きな子以外周りが見えなくなって、友達に「この子可愛いでしょ」って写真を見せてみたり、その子の実家の近所や母校まで行ってその子の気配を嗅ぎとろうとした自分。その子だけが至上で、他はどうでも良かった。好きな音楽や本や映画、よく行く店、その子が通う偏差値の高い大学、書く字の美しさ、メールアドレス、生年月日、その子にまつわるのもの全てが輝いてみえた。
告白して振られた時、その子はミスターコンテストで入賞するようなかっこいい男と付き合ってたけど、「太陽みたいな人」って言ってたから、その人の顔じゃなくて人間が好きなんだなと思って良いな、と思った。
そいつと別れて俺とも仲が良かった先輩と付き合った時も先輩に嫉妬する気持ちなんて一ミリも無かったし、ますます良いなと思った。
その辺りでその子に対する気持ち自体は薄れていたけど、至上の人であることに変わりはなかった。

凄くくだらないことかもしれないし、特に女の人には罵られそうな気がするんだけど。

そうじゃなくなったのは、さっき言った先輩と別れて、顔採用で有名な企業の一般職に就いて総合職の男と付き合い始めた、という話を聞いてからだ。

一言で言うと、幻滅した。
その子っていうか、そういう風に成り立ってる世界に幻滅した。
全く身勝手な話だ。けどそう思ってしまった。
そもそも振られた時に「私、○○君が思ってるような人間じゃないですよ」って釘を刺されていたのに、そこでようやく気づいた。全然普通の人だったってことに。

俺はその子の見た目と、分け隔てなく人に優しくする所と、頭が良い所と、不器用さと、か弱そうな所が好きだった。

でも「自分の武器」をちゃんと自覚できてるんだなと思った時に、イメージが崩れた。

あの子でこうなら世の中は何もかも当たり前過ぎるなと思って、どうでも良くなってしまった。

最近女子アナと売れてないお笑い芸人が付き合ってるのが世間を賑わせていて、それが賞賛されているのが気持ち悪いなと思っていた。望めばいくらでも良い男が手に入るはずなのに、たいして売れてもいない芸人と付き合う女子アナが素敵だと。プロ野球選手と結婚するような金目当ての女子アナとは違うよねって。
馬鹿じゃねえの、って思った。利用できるものはとことん利用すれば良いじゃん。それを批判するのはただの僻みでしかないでしょって。

よく考えて見たら俺もその馬鹿のうちの一人だ。プロ野球選手と結婚する女子アナをディスるクソババアとかもなーんも変わりゃしない。

でも、それは好きだったあの子が、世界のくだらない道理みたいな所から外れた所に一人で立ってると思ってたからだ。ぴっかぴっかに輝いて。世間の暗がりにぽつんと立つ灯台みたいなものだった。俺はその灯りを見て、ほっとすることができた。そこに向かって進めば良いだけだった。

あみ子は光しか見ていない。この小説の凄い所は、あみ子のそういう視点で全ての世界が描かれていることだ。周りで起こることはあみ子にとってはただの出来事でしかない。そしてそれが最後まで淡々と描かれているだけ。あみ子はあみ子のまま。

ずっと目の前のことに真っ直ぐで一途でいるのは大変だし、悲しい。でも憧れるから、心を動かされるから、この文章を綴っているんだと思う。

笑えるのは、この本を知ったきっかけがその、かつて好きだった女の子だってことだ。