甘い生活

ビューティフル・ヒューマン・ライフ

57577

「まあそんな嫌いじゃないよ?ものすごく好き、ってほどじゃないんだけどさ。」

立ちんぼの横も通るよ かわいくてきれいなだけの歌を鳴らして

石ころに名前をつけた そのままじゃあまりに意味がなさすぎるから

この席もどうせいつかは取られると悟って立ったとき少し死ぬ

劇団の座長は言った「哀しみの表現だけが異様に上手い」

意味があることに意味などないんだし感覚気分セブンイレブン

恥見せて罵倒をされて叩かれてケツが赤いぜ フォトジェニックに

あいかわらずどうしようもねえよ

ヤリ目の友人をアシストするために、ブサイクな三十路たちとボーリングをした。
やらなければならない仕事を残している上、体調は悪く2発抜いたあとで行ったのでコンディションは最低。
おまけに可愛いという前情報の女が可愛くないときた。
いやお前の審美眼どうなってんのかと。

ハイスコアは220だが、上がらないモチベーションと無理やりひねり出す愛想笑いの結果108というクソスコアを叩きだした。
よりブスな方が俺の投げ方が投げやりなのを指摘してきて、萎えた。
黙って玉、放っとけ。
で、そういう時に限ってレーンのトラブルが発生する。店員の対応も悪かったので、苛立ちを玉に込めて強めに放ったら爪にひびが入った。
心にも…。

友人が気を利かして(?)チーム交換みたいなやつをやろうとしてグダった。
いやどっちの女でも大して変わんねえから早く終わってくれ…と心から願ってしまった。
ストライク取った時のハイタッチが全く嬉しくなかった。

んで飲みへ。

柿沼に教わったことを胸に会話を回そうと頑張ったが、途中で放棄した。何回打ってもひびかない。
今回友人がやりたがってるまあマシな方の女が若作りの為かちょっと天然気取ってずれた返答をしてきて、
もう一人の普通にブスな方がちょいちょい会話切ってきた所でぷちっと切れた。

練習にもならない。なんで俺、ここにいるんだ?

そこからはいつもの俺だった。「面食いなので彼女できませーん」みたいな。「ゲスい雑誌でゲスな企画考えてまーす」みたいな。
好きな異性のタイプの話になった時にブサい方が「私がイライラしてる時でも優しくしてくれる心の広い人」みたいなことをほざいてて酒も回ってイライラしてしまい「うわ俺絶対それ無理っすwめちゃめちゃ心狭いんでw」とか口に出してしまった辺り、何もかも最悪の気分だった。
というかこの程度の女、俺なんか呼ばないでさっさとヤって捨ててくれ。しかもなんで2対2なんだよ。
三十路でブスとか、なんで25でイケメンのお前が食い損ねてるんだよ。こんなのにどんだけ金と時間かけてんだよ。なんで実家暮らしのブスに奢ってるの?
出会いは相席屋?風俗行った方がコスパ良いわ。

言っとくが友人はマジで良い奴。顔も性格もめちゃめちゃ良い奴。なのに最悪な自分を露呈しまくってしまって申し訳なかった。
でもブスに時間を費やしてしまったことで溢れ出すイライラを抑えられなくて辛かった。

別日。

全く別の友人があまりにも「ナンパしよう、ナンパ」「この前ナンパしたら…」と連呼するもんで、ちょっとキレ気味に
「俺の前でナンパという言葉を一切口に出すなつーか女のこと以外話すことねえのかよ成功してもたかがしれてんだろ」
と言ってしまいガチ切れされてしまった。諸々のストレスが歪んだ性格に拍車をかけてしまっていることは反省しなければならない。
ただ、これまで散々ブスやしょうもない女の話しかしてこなかった彼の、結果が見えてる話を聞きたいと思わない。
そしてこれって、完全にブーメラン。

セックスして、何なの? 元々彼女いてモテる奴の軽いお遊びでしょナンパなんて。なんなん? それでやれてなんなの?気持ちいいの?それで?で?で?

「いや、なんかあるかもしれないじゃん」

なんもねえよ。

なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんもねえよ。

性格は良いけど悲しいほどブサイクなハワイ女の好意、
シーフードヌードルまんことガールズバー女がベッドシーツに残した大量の経血、ヒトカラの痴女、美人な大学の先輩の心変わり。
顔は可愛いけど彼氏が二人いますとかほざいてる後輩の授乳、ベロチュー。

めっちゃ可愛くて付き合いたかった深澤さんは元彼と復縁しました。素直に祝福。

で、なんだったんだ?

ブスもビッチも意味が無い。無。

意味の無い女に対する行動全てがくだらない。使えない経験を積み上げたって何にもならない。三途の川で石を積み上げているようなもん。
もう学生でも青春時代でもないから、失敗をネタにして笑ってくれる人もいなくなったし、それを無理して自分で笑い話にしようとするのも疲れた。

良い女にはことごとく失敗する。

俺が、良い男じゃないからだ。

好きな女と付き合いたい。俺が求めてるのはそれ以上でもそれ以下でもない。

経験が無いまま時間が過ぎるのは怖いけど、無理やりひねり出しても上手くいかないっていうことが、沁みた。
ただ自分の心をすり減らしただけだった。


negiccoを聴いている。

俺はちょっと疲れてる。

禁じ手として無意識のうちに自制していたが、ここらでアイドルに寄り道したっていいじゃないか。

深川麻衣が可愛い。乃木坂を卒業する前に知りたかった。

可愛くて素敵な女は画面上に存在している。存在はするけど触れられない実体として。

やばい奴のやばい所より普通な奴のやばい所

柿沼から色々と直した方がいい所を言われたけど、基本的にすぐに忘れてしまうのでしっかりまとめておこうと思う

まず、俺は興味の無い話を聞いてる時にそれが思いっきり顔に出てしまうらしい
その割に人の心情を理解しようとしないで自分の話をしてしまうと

自分は切込隊長ぐらいの認識でいけばいい

人が話しづらい話題のとっかかりになって、パスしていけばいい

もうヤバさを売りにする所からステップアップをしなければならない
俺がカラオケでいきなりち●ぽ咥えられた話をしても意外性が無い

普段からヤバい奴のヤバい話よりも、普通の奴のヤバい話の方が意外性があって面白い

逆に言えば俺が普通に好きな女の子と付き合ったら面白いだろうな

話したい話をする時も、反応が悪かったりした時に、そこから上手く他の人の話に持っていけるように気を回す

小さなコミュニティの中でだけウケるようなネタに終わらないようにする

要するに、自分は置いといて人の面白さを引き出せるようになるのと

自分のヤバさを上手くコントロールしていけるようになること

それが次のステップ

どうにかなる日々

試用期間で落とされた会社の社長に紹介してもらった編プロの面接が通って、月曜日から来て欲しいということになった。

全くもって人生どうなるか分からないもんだ。

クソ文具メーカーをあのタイミングで辞めさせられたからライター事務所の求人を見つけることができて、
さらに次の編プロに入ることができた。

ライター事務所の仕事は相当楽しかったので辞めることになったのは悔しいけど、給料が生活できないレベルで、雇用形態が業務委託だったのに対して、
今度の所は給料が生活できるレベルは貰えて(世間的には低い方だけど)試用期間を耐えきることが出来れば正社員採用だから、色々と不安が減ったのは大きい。

前の会社の社長に感謝の報告をした。長文で返信してもらって、俺が気をつけなければならないことと、もう助けることはできないから頑張れという
激励をもらった。
本当にこの三か月間で色んな経験をさせてもらって、社会で生きて行く上で最低限身に付けなければならないことを勉強させてもらった。
おまけに次の就職先を斡旋してもらって、今度無料でライターの講座を受けさせてもらうことになっている。
本当に感謝の言葉もない。

社長が言ってた「物づくりとかには向いてると思う。逆に言えばそれ以外は正直無理だと思う」
は俺も感じてたことだし、まあやるしかねえんだ。

今度入る会社の面接では割と素で臨んだ。というのも、俺が記憶を無くすぐらい飲んでマイク掴んでラップ披露したりゲロ吐いて携帯水没したり
してる姿を全て見られてたから、初対面でそんなんだからそれ以上印象が悪くなることが無いし、どういう人間か分かったうえで面接してもらってる訳だったから。

おまけに面接の直前履歴書やら企画書やら印刷しようと思ったらUSBのデータが全部ぶっ壊れてしまい、3時の面接を8時にしてもらったという。

にやにやしながら「女についての記事、書きたいですね…女性心理とか、生理周期についての記事とか…好きだから全部知りたいんです」とか言ってたけど大丈夫だったから、合ってないことは無いと思う。

まーとにかく、今度は試用期間で切られることの無いようにしっかりやっていきたい。

すげー関係ないけど、前の会社がアイドル関係の案件が多かったから興味が出てきて、乃木坂とか欅坂の番組とかをぼーっと観てしまう自分がいる。
もう卒業したけど深川麻衣をこれから応援していきたい。こんど今泉力哉の映画に主演で出るらしい。

f:id:syrup15g:20171022041040p:plain

もしかしたらあり得たかもしれない、そして絶対にあり得ない世界。その絶妙なバランスをこの写真の深川麻衣は示してくれた。

グループ単位で言うと、Negiccoにハマった。

www.youtube.com

特に愛は光が最高すぎる…作詞作曲堀込高樹に納得~リピートしまくり。

www.youtube.com

あとさっき友達と一緒に久々に色々ディグったり教えてもらったりしてた中バチンとヒットしたのがFeltってバンド。
有名なのかもしれないけど全く知らなかった。
イントロ一発目で好きになるやつ。インストゥルメンタルなんだけどこの陰鬱な感じがたまんねえ。
スミスとかキュアーとか、80年代辺りのくらーいポストパンクのバンドがドンピシャなんだよなあってつくづく。


www.youtube.com

あとはジョニーマーのEasy Money。最近ずっとリピートしてる。そういやスミス好きなのに聴いてねえなって思って聴いてみたらガツンときたね。
歌詞も所詮金は金でしかねえっていう皮肉っぽい感じのやつ。好き。

反省・備忘録とか

勤めていた編集プロダクションは、3か月の試用期間で辞めることになった。
平たく言えばクビだ。

理由は「周囲の人間に対して気遣いができないこと」「会社に合わないこと」。
デカいミス、というよりも細かいことの積み重ねだ。

社長には「三日目でやばいなと思ってた」と告げられた。
だって社長の名前間違えたしな、そらやばいわ。

飲み会の時に羽目を外し過ぎたのも一つの要因だと思う。
外部のライターさんやらカメラマンさんがいたのに、学生の時みたいなノリで話してしまった。笑ってくれてたし、社長もその場では笑ってたけど、
「なんかやらかしそう」という印象がそこで決定的になったことは間違いない。

俺は全てにおいて線引きがヘタクソな人間だ。ここまではやってよくてここからがだめ、というのを掴めない。
それは芸能人とかセンシティブな人たちと付き合っていく中で致命的な欠陥だ。
一般的に「地雷」と呼ばれる類の人間。

そういった人間的な部分まで教育することはできないと。

正直な話、長く続けていければその辺の距離感も上手く掴めていけるんじゃないかと考えていた。
飲食店の取材から始めて、実際に芸能人の取材に帯同して、ゆっくりステップアップしていければいいやと。

甘かった。アメリカのカラフルな何入ってんだかわけわかんねえクソまずそうなケーキより激甘だった。
それ完全に雇用側の考え方やん。じっくり長く育てて欲しいって、完全にゆとり世代ど真ん中ズバーッやん。

今回のクビは流石に堪えた。このまま脈々と続いていくと思っていた道や自分の理想・夢が一瞬で閉ざされてしまったから。
前の会社と違って社内の人も好きだったし、尊敬できた。

社長に「君の人間そのものは面白いと思うし、それを全部変えろって言ってるわけじゃない。でも、周りと上手くやっていける最低限の社会性は身に付けた方がいい」
と言われた。
社長自身がどうしてるのかも聞くことができた。自分には人と違う逸脱してる部分がたくさんあるけど、例えば初めにそれを言って、「ああそういうキャラ付けなのね。本当にやばい奴ではないんだ」と思わせたり、あえて奥さんのことを自分から話して結婚してることを伝えることで「まともな人なんだ」という印象を与えるとか。
人と違う、逸脱した部分を意識的にコントロールすることで逆にそれを個性として利用してると。

俺の場合、その逸脱性を無自覚にぶん回してるのがやばいという話だ。
極端な話を言えば取材中のアイドルに「彼氏マジでいないんすか?」「あの文春の不倫の話本当っすか?」とか口を滑らせるような人間だって思われたんだろう。

長年続けてきた囲碁を持ち出して話をされて本当に腑に落ちた。
「将棋と違って囲碁は感覚の分野が大きいゲーム。もちろん読みも重要だけど、こういう時はこう打つ、という感覚的な部分が大きいと思う。
囲碁の話はあくまで例えだけど、君は行動を反射で行ってしまう癖がついている」と。

「行動する前にに考える癖を付けろ」と。

多分色々な人が同じことを俺に言ってくれた気がするんだけど、社長の言葉が一番わかりやすかった。

まとめると、
「周囲の人間に気配りをする」
「自分の逸脱した部分をコントロールする」
「行動する前に考える」の三点だ

これ、部屋のどこかに貼ってもいいかもしれない。
多分これ、小学生でもできる人間はできると思う。

俺は気を緩めるとすぐに暴発してしまう。
だからどうにかして表と裏の自分を作りたい。良い意味で。
親族の場で風俗の話を一回出しそうになって母親に殴られたぐらい俺はなんでも言っちまう。今の俺に裏が存在しない。
一見表のような裏を作りたい。じゃないと生きていけない。俺がやりたい仕事ができない。

できていなかったことが実際にクビという結果となって現れた訳だ。頭じゃなくて身体に刻まれた気がする。
「物づくりには向いてると思うし、というかそういう仕事しかできないと思うしライターっていう仕事は諦めて欲しくない」とも言われた。

「会社に合わない」っていうのは堅めの案件に向いてないってことだった。
こういうのが向いてるって教えてもらった雑誌が滅茶苦茶ゲスな内容で、半分納得したけどもやもやした。
俺はやっぱりアングラ行くしかねえのかな…って。
でも黒沢清も始めはVシネ撮ってたし周防正行もピンク映画出身だからいけるはず。いけるいけるいける。

で、流れで社長の知り合いの会社を受けることになった。そこに持っていくゲスな企画を今考えている。
色々やばそうだから怖いけどもう考えるより先に行動するしかない。

なんかもう実際のところよくわかんないけど、営業とかそういう普通の仕事で普通の人間と同じ土俵で戦って勝てる気がしないし、
田舎から出てきて東京にいる以上強い刺激が欲しくてきてるわけだから、面白いと思えることがやりたい。

最初はつまらなそうだと思ってたこともやがて面白いと思えるように…という仕事のエピソードは結構聞くけど、
多分これまでと同じ轍を踏むことになると思う。

面白いことと思えることをやりたいです。面白おかしく生きていきたいです。そんで金稼ぎたいです。

ちゃんと仕事できるようになりたいです。一人でちゃんと立って生きていきたいです。
マーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

もうそうではない

流石に今回は詳しいことを書く気になれないが、「シーフードヌードルがもう一生食べられそうにない」と言ったら察していただけるだろうか

やっぱり無理なものは無理だ
妥協とかいうレベルではない
しなくても良い経験は、確実にある
ただそれは、した後だから分かることだ

今日はフェイスブックに残っている、好きだった子の写真を久々に見返そうと思ってる

https://youtu.be/4Cx6ehYz-OM

羅針盤のロビンソン
神カバーとはこういうことだ
これ聴いて、写真見て、休みたい
昔みたいに都合の良い妄想がしたい
可愛い女の子と一緒にどこかへ飛ばされていきたい

「童貞。をプロデュース」について

童貞。をプロデュース」は俺が「東京に出たい」と強く思うようになったきっかけの映画だった。
10年前、高1の時にこの映画のタイトルとあらすじを知って、こんなに面白そうなのに東京まで行かないと観れないのかよ、と田舎に住んでいることを呪った。
その後念願の東京の大学に入って2年目、上映がかかるという話を聞き、映画好きで童貞の先輩たちを誘い渋谷まで観に行った。あんなに映画館で爆笑することはもう無いだろうというくらいみんなで腹を抱えて爆笑した。
当時童貞で彼氏持ちで美人の女の子に片想いしていた俺は加賀さんに死ぬほど共感して笑い、偶像崇拝をしてしまう梅澤さんの人間臭さを自分と重ねて笑った。

そしてさっきニコニコ動画YouTubeに上げられていた、映画「童貞。をプロデュース」の舞台挨拶の一部始終を観た。
加賀さんのブログ、梅澤さんのツイート、松江監督の当時のブログ記事も読んだ。

劇中、確かに嫌がっている様には見えたけど、10年経って舞台上でパンツ脱いで「しゃぶれよ」って本気で怒鳴るまで屈辱を味わっているとは考えてもいなかった。加賀さんが言う「リテラシー」について考えさせられたし、最近よく「なんでそんなに上から目線なの?」と指摘される俺にとって、「相手目線に立って考えること」の重要性を改めて感じさせられた。
加賀さんの言う「面白ければ何でも良いのかよ」という言葉や松江監督が今回指摘されていることは俺にとっても当てはまるし、これから絶対に直していかないといけない部分だ。これを言ったりやってしまったりすると相手にとって傷ついたり不快な思いをさせるという想像力を努力でこれから補っていかなくちゃいけない。

それにしても、自分がどうして怒っているのかを理路整然と伝えつつ激昂する加賀さんは、最高にロックだった。(劇中に出てくる片想いの女の子との恋がその後成就したこと含めて)まさか結末があんなことになるとは思わなかったけれど、そこまでひっくるめて他のどんな映画よりも濃い映画体験だった。